ノーファンデで美肌を作る習慣

ノーファンデで美肌を作る習慣

ノーファンデで美肌を作る習慣

私は数年前からノーファンデを貫いています。

 

初めて使ったのが高校生の頃で、確か最初に手に取ったのがキャンメイクのものだったと思います。

 

確かに目立つ毛穴がカバーされたのには感動しました。

 

しかし皮膚が重くなったような感じがしたし、ファンデは肌を痛めることを知ったのでそれ以来使わなくなりました。

 

大学生から社会人、主婦となった今に至るまでファンデの代わりにルースパウダーやベビーパウダーを使用しています。

 

思春期を過ぎてニキビや毛穴が気にならなくなったので、これらでも十分肌を綺麗に見せられるようになりました。

 

ベースはベビパ→顔用の日焼け止め→コンシーラー→ベビパで完成します。

 

これなら化粧品のコストがかからないので、その分を全てスキンケア用品につぎ込むことができます。

 

メイク直しやただのゴミ捨てなど短時間の外出の時には、日焼け止めの上に直接SPF付きのルースパウダーを塗っています。

 

今使っているのはオルビスのパープルのパール入りの限定色ですが、色白の自分にはピッタリの色味です。

 

容量も結構入っているので、数年はもってしまいそうです。

 

軽くつけるだけでふんわりとマットな質感になり、クマも薄くしてくれるのでとても重宝しています。

 

このようなメイクを続けた結果、20代の同級生と比較しても明らかに肌の状態を綺麗に保てています。

 

ある程度ストレスフリーな生活も関係していると思われますが、毎日重いメイクをしないというのも肌にとってはいいようです。

 

これからもファンデに頼らなくても大丈夫な肌を作るために、毎日努力していこうと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ